タイヨガマッサージとは?
歴 史

 「タイマッサージThai Massage」や「タイ古式マッサージ Traditional Thai Massage」はタイ語で「ヌアボーランNuad Phaen Boran」ともいわれ今から2500年前にタイの北部(当時はモン王国)にインドから「薬学(ハーブの知識)・栄養学(ミネラルの摂取方法)・触診(マッサージ)」として伝わったといわれています。古代インド医学(アーユルヴェーダ=生命科学)の医師でマガダ王ビンビサラの主治医だったクマールバッチャJivaka Kumar Bhaccha(コマラパ先生)が伝えたとされています。
 モン王国の農耕民族のために口伝で親から子へと継承されて発展してきたものが俗に言う、「北タイ式マッサージ」です。やがて時代は変わり、現在のチェンマイがタイ人に支配され都が置かれました。首都の南下(チェンマイ→スコターイ→アユタヤ→バンコク)に伴いタイの王族のために発展したものが「南タイ式マッサージ」といわれています。
photo

page topへ
センエネルギーライン

 とくに大きく分けて北部のものと南部のものとの二つですが、各流派により多種多様の手技があります。いずれにしても、タイ古式マッサージの考え方のもっとも大切な72000本体中に走るといわれているセンエネルギーラインはどの流派も主要10本は共通していてそこにさまざまな手技で働きかけています。このラインは目には見えません。西洋の解剖学とも全くそっておりません。このセンエネルギーラインの起源はインドにあり、ヨガの哲学にでてくる生命の根源「プラナ」という考え方や「チャクラ」という考え方にあります。このヨガ哲学はプラナとして呼吸に。また何を食べるかという食生活に非常に大きく関連しています。プラナコシャといわれ肉体の周りに存在する第二の体という考え方をします。そのプラナをバランスよく整えることをタイ式マッサージで行います。通常足先からはじまり、頭部の額の部分で終わる方法が最良といわれます。センラインは循環していて切れるという考え方はしません。ただし、治療の一環としてこのライン上の特定のポイントを刺激することもできます。こうして触診することが プラナの弱くなって滞っている流れや、活性化しすぎている部分や完全に途絶えてしまった部分を正常にもどしバランスをとることにより健康である状態に近づけるという考え方になりたっています。中国式鍼の経絡経穴や指圧のツボにも似てはいますが、とくにセンカラタリなどはタイ式独特の考え方です。この辺の効能が世界中に注目を浴びている所以です。

page topへ
タイヨガマッサージ

photo  近年になりタイヨガマッサージという呼ばれ方が西欧では好まれるようになりました。
 これはタイ古式マッサージが、ヨガと太極拳のボディーアートであるところをより強調しての新しい言葉です。通常、タイ本国では「Traditional Thai Massage」や「Ancient Thai  Massage」という表示をしますがとくに後者は残念ながら「性感マッサージ」を意味して貧しいタイの少年少女の生活の糧として外国人観光客に売春を提供していたりする悪いイメージがあるため「タイヨガマッサージ」を好む傾向にあります。

page topへ

「タイマッサージを習い おなかの中からヘルシーになろう!」
※丹田(たんでん)の説明

page topへ
効 能

器官系
胃弱・慢性胃炎・便秘・下痢・食欲不振・体力増強・老化防止・風邪の予防・高血圧・低血圧・貧血・血行障害・冷え性・生理不順・不妊症・ぜんそく・アレルギー
身体の凝り、疲れや痛み
筋肉痛・腰痛・肩こり・眼精疲労・首や背中の凝り・リウマチ・膝の痛み・足のつり・足の疲れ凝り・疲れによる全身のだるさ
美容系
肥満防止・太りすぎ・お腹を引っ込める・腹部の贅肉をとる・ウエストラインを美しくする ・足のむくみをとる・脚の線を美しくする・ 肌の新陳代謝促進・しわの減少
精神系
不眠症・ヒステリー・興奮を静める・イライラの解放

※タイ本国では医療効果を認めています ※日本では民間療法になります

page topへ